歯みがきだけでは取れない歯垢を取り除く歯間ケアグッズ


デンタルケアグッズを効果的に

体と同じように口内も、年令とともに病気やトラブルが起こりやすくなります。今までどおり歯みがきだけをしていては、歯周病や口臭などの口内老化がどんどん進んでしまうことも。それを予防するには、デンタルケアグッズが強い味方に。あまたあるグッズのなかから、自分に必要なものの選び方や効果的な使い方をご紹介します。

さまざまなタイプのデンタルフロス

デンタルフロスは、極細の合成繊維などでできた糸状のもの。これを歯と歯の間に差し込み、フロス(糸)を細かくスライドさせて歯垢をかき出します。指にフロスを巻きつけて使うので小回りがきき、掃除しやすい基本グッズ。1つあればひと月から数ヶ月使えるので経済的です。滑りがよく歯間に入れやすいワックスつき、除去効果を優先したノンワックス、唾液で繊維がふくらむタイプなどがあります。

初めての人におすすめ

フロスピックは、手のひらサイズの持ち手にフロスを取りつけたものです。馴れない初心者でも手にとってすぐに使える手軽さが特徴です。デンタルフロスを指に巻きつけるのが苦手な人やめんどうに感じる人、奥歯がやりづらい人に向いています。使い方は、フロスを歯と歯の間に差し込み、小刻みに動かして歯垢を落とすのは、デンタルフロスと同じ。前歯が清掃しやすいF字型や、奥歯までケアしやすいY字型などがあります。

マウスウォッシュを活用

口内老化を予防するには、歯ブラシ&歯間ケアが肝心。でも、妊娠中つわりでつらい人や、忙しかったり疲れていて歯間ケアができないときは、マウスウォッシュを補助的に使うのもひとつの方法です。歯みがき後に適量を口に含み、上下左右の方向にぶくぶくうがいをすると口内がスッキリ!口臭を防ぐ効果もあります。

荻窪での歯科なら、迅速な対応で短期集中治療が可能な医院が井の頭公園エリアにあり、バリアフリーでお子様専用の診療室もあります。