セルフ処理は皮膚にダメージ?脱毛施術で負担ゼロの肌へ


セルフ脱毛が皮膚に与えるダメージ

セルフ脱毛は自分の好きなタイミングでいつでもできるという手軽さがありますが、実は目に見えない部分で肌にダメージを与えています。セルフ脱毛は、カミソリ、脱毛ワックス、脱毛クリームなど様々な方法があります。カミソリは脱毛ではありませんが、表面上に生えている毛を簡単に剃り落とすことができます。ただし、カミソリの刃は肌に滑らせるだけで大きなダメージとなり、色素沈着やシワ、たるみの原因になったり、場合によっては怪我をしてしまいます。脱毛ワックスやクリームは肌に塗るだけの簡単な方法ですが、含まれている薬剤は塗るだけで肌に大きなダメージとなります。更にワックスの場合、乾いたら剥がして毛を抜くという方法で、この時肌にかかる負担はかなりのものになります。場合によっては肌荒れの原因に繋がることもあるのです。

脱毛施術は肌への負担を最小限にしてくれる

脱毛施術で使用するレーザー機器は、毛のメラニン色素に反応して毛根を照射し、ムダ毛が生えてこなくなるというものです。レーザーは高熱ですが、専門の知識と技術を持ったスタッフが施術を行うので、肌にかかる負担は最小限で済む安全な方法です。施術後は肌が乾燥しやすくなりますが、しっかりケアをすれば乾燥ダメージは防ぐことができます。また、一度脱毛施術が終わればムダ毛は半永久的に生えてこなくなるため、今まで肌にかかっていた負担は一切なくなります。肌ダメージがなくなることで、ざらざら肌や色素沈着などの悩みもなくなり、自然とキレイな肌になります。

医療脱毛は、サロンで行われる美容脱毛に比べて強い出力で施術できます。そのため、脱毛効果が高いというメリットがあります。