レーザー脱毛は美肌によい!?自己処理から解放されるメリット


レーザー脱毛には美肌効果が期待できる

毛根細胞を破壊できるレーザー脱毛は医療行為であり、エステ脱毛で得られる減毛以上の効果を期待できます。永続的にツルツルにできるのが特徴で、自己処理がいらない肌に変えてくれます。レーザー脱毛は美容皮膚科で用意していることが多く、これは脱毛自体に美肌効果があるためです。自宅でムダ毛処理をするためのシェービングやクリームなどによる方法は、肌に少なからずダメージを与えています。特に肌が敏感だとヒリヒリ・かゆみなどを引き起こしやすいです。肌の角質層に刺激を与えてしまうので、永続的に行うのは得策ではありません。レーザー脱毛なら色素沈着や埋没毛などのトラブルを予防でき、自己処理を続けている方と比較して10年後の肌に差をつけることができます。

レーザー脱毛の痛みは弱くなっている

レーザー脱毛が痛いと言われる理由は毛根細胞の破壊にあり、効果に比例して痛みを伴うのが普通です。また肌質によっても痛みが変化しますが、最近のレーザー脱毛は痛みがかなり軽減されています。痛みを抑える工夫には肌質に合わせて脱毛器を使い分ける、麻酔クリームや笑気麻酔などを使用するなどの方法があります。医療機関でもフラッシュ脱毛を導入しているところがありますが、レーザー脱毛と比べると痛みは弱いかわりに効果も弱いです。あくまで減毛を目的としており、自己処理の負担を軽減するのが目的です。フラッシュはサロンでも導入している方法で、痛みが弱いのと1回あたりの費用が安いのが特徴となります。ただしツルツルにするまでの総費用と脱毛効果を比較すると、医療行為であるレーザー脱毛が優れています。

医療レーザー脱毛は、医療用レーザーを使った脱毛方法になります。永久脱毛を行うことができ、脱毛効果が高いため光脱毛よりも短期間で脱毛が完了します。