それぞれどんな特徴がある?豊胸手術の方法を3種紹介


シリコンバッグによる豊胸の特徴

豊胸手術には様々な種類がありますが、その中の一つがシリコンバッグによる豊胸です。脇やアンダーバストなどを切開し、シリコン製のバッグを挿入することでバストアップさせます。一度の施術で大きくサイズアップさせられるのが特徴です。シリコンバッグは体内に吸収されない物質なので、長期間効果が持続することもメリットです。しかし、体にとって異物であるために痛みが出やすいという注意点があります。また、シリコンバッグは経年劣化するので、施術後のメンテナンスも必要になります。

脂肪注入による豊胸の特徴

脂肪注入豊胸とは、自分の体から脂肪を吸引してバストに注入する豊胸施術です。脂肪組織が胸に定着することで、手触りも自然なバストアップが期待できます。自分の脂肪を使うために異物反応が少ないのがメリット。脂肪を吸引することで部分痩せもできます。ただし、痩せ気味の方では脂肪が採取できる量が少ないので向いていません。定着する脂肪の量はケースによって異なり、どれだけのバストアップ効果が実現するかは分からない面もあります。

ヒアルロン酸注入豊胸の特徴

ヒアルロン酸注入豊胸は、ヒアルロン酸をバストに注射することでサイズアップを図る方法です。注射だけで済み、切開することがないのが特徴です。施術時間も短く、施術後の痛みも少ないので手軽に受けることができる豊胸手術になります。人体に元々存在する成分なので安全性も高いです。しかし、ヒアルロン酸は体内に吸収されてしまう性質があるので、時間の経過によって元のサイズに戻ってしまうのが注意点です。

最新の豊胸手術は、胸に脂肪細胞を注入する方法です。脂肪細胞は胸に安定して定着するので、しこりができたり、石灰化することもありません。