知っている?ピーリングのメリット・デメリット


ピーリングとはいったい何なの?

ピーリングは角質ケアの一種です。酸を直接肌に塗ることで肌表面の角質を溶かしてケアをする方法となります。ピーリングに使用される酸は基本的には肌への刺激の少ないものが多いです。例えばリンゴ酸やクエン酸などの天然由来のフルーツ酸があります。これ以外にも化学物質を使用したピーリングもありますが、肌への刺激は比較的強いので肌荒れに気を付ける必要があります。

ピーリングのメリットは?

ピーリングで効果が期待できる肌ケアのメリットは主に4つあります。1つ目はシミやニキビ跡を薄くすること、2つ目はくすみの改善、3つ目は毛穴の黒ずみの改善、4つ目は化粧水の浸透が良くなることです。シミやニキビ跡はできる原因の1つとしてメラニン色素の沈着が関係していると考えられています。ピーリングを行えば角質だけでなくメラニンも取り除くことができるためシミやニキビ跡を薄くする効果が期待できるのです。次にくすみと黒ずみですが、これらの原因は古い角質が積み重なってしまうことにあります。したがってこの角質を定期的にピーリングでケアしていけばくすみや黒ずみの改善が期待できます。さらに古い角質が肌にたまっていると化粧水が浸透しづらいため、これを取り除くことで化粧水が浸透しやすくなります。

ピーリングのデメリットとは?

ピーリングは酸で角質などを溶かすことで様々な効果を期待することができますが、その反面使い過ぎると肌へ負担をかけてしまう場合もあります。もちろんピーリングの商品の中には毎日使えるタイプのものもありますが、酸を肌に塗ると考えたら肌に刺激があることは容易に想像ができると思いますので適度な頻度で使用するようにしましょう。

ピーリングは皮膚や毛穴の角質をとり、肌のターンオーバーを促す美容法です。これによってニキビや小じわなどの改善が期待できます。